小規模宅地の評価減を活用した相続対策を税理士と保険会社とコラボして始めました。

  • 2018.1.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<小規模宅地の評価減を活用した相続対策と保険の活用方法>

小規模宅地等の評価減特例とは?
一定の適用要件を満たせば相続時に限度面積までの土地の評価を80%減額できる特例制度です!
❶居住用宅地の面積制限が330㎡まで拡大されました。
❷特定事業用宅地および特定同族会社事業用宅地と居住用宅地の完全併用が可能になりました。
最大730㎡(330㎡+400㎡)について
80%の減額が可能になる!

資産価値の高い都心の不動産を購入し、保険を活用することによって大幅な相続税対策が可能となります。

このスキームに特化した税理士・不動産・保険のプロがお客様の資産を守るアドバイスをします。
詳しくは個別にご相談にのりますのでお問合せ下さい。

〇都心不動産のメリット
・東京都心の土地については、安定的に価格は上がっており長期的に見ても資産価値として高く安定資産として見られています。アジアの中でも特に東京都心に対しては海外資産家からの評価が高いのが特徴です。
・都心不動産については換金リスクは低く、銀行に預け入れをする金利より高リターンです。

物件検索

ご希望の種別を選択して下さい
以下ご希望の条件を選択して物件検索ボタンを押して下さい
賃料
価格
駅歩分
築年数
面積

グループ リンク

台湾カフェ zen
マンゴーテラス